×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルスパでFX初心者脱却 ☆ 一児のパパが10万を500万にした極意

スプレッドが狭い

スプレッドの狭さ

スプレッドとはFX取引のおけるFX会社の外貨交換手数料のことです。
FX会社はこの手数料で利益を確保しているわけです。

 

FX取引では売値(ask)と買値(bid)の2つの価格が提示され、この売値(ask)と買値(bid)の差額がスプレッドと呼ばれています。

 

スプレッドが違うとこんなに違う!!
<例>
【一般的な国内業者レバレッジ10倍】
1万通貨(0.1Lot)取引
スプレッド=1銭
1銭×10,000×10倍=1000円

 

【一般的な海外業者レバレッジ10倍】
1万通貨(0.1Lot)取引
スプレッド=0.1銭
0.1銭×10,000×10倍=100円

 

なんと10倍もの差が!!

 

このように1回の取引で数百円、数千円とコストがかかれば、利益がスプレッドに喰われて少なくなってしまいます。特にスキャルピングには致命的です。

 

スプレッドというのは税法上経費とは認められませんので、年間で利益を出してもスプレッドは控除はされませんので注意して下さい。FXで利益を最大限狙うなら、【手数料無料+低スプレッド】のFX業者を選んで下さい。

 

また、「FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)」という会社を通して海外口座を開設すると、トレードする度に毎回スプレッドの一部を還元(キャッシュバック)してくれる日本の会社が運営するサービスです。

 

FinalCashBackを通して口座開設すれば日本語海外口座開設が簡単にできます。

 

管理人お薦めの口座は「Pepper stone(ペッパーストーン)」か「FXDD」です。

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)の詳細はコチラ

 

 

FXDDの場合(将来キャッシュバック率は変わる場合があります。)

 

FinalCashBackでは1トレードあたり0.75Pipsのキャッシュバックなので

 

毎日1万通貨(0.1lot)だと
(0.1ロット/0.1)×0.75Pips×20日=15ドル(1,425円相当) ※1ドル95円と仮定して

 

 

毎日5万通貨(0.5lot)だと
(0.5ロット/0.1)×0.75Pips×20日=75ドル(7,125円相当) ※1ドル95円と仮定して

 

毎日10万通貨(1lot)だと
(1.0ロット/0.1)×0.75Pips×20日=150ドル(14,250円相当) ※1ドル95円と仮定して

 

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)の詳細はコチラ

 

 

 

ハイレバレッジについて >>前

約定力の高さ >>次

 

海外FXランキング

 

FX無料メール相談
FXに関する質問やお悩み、ご意見などありましたら以下フォームページよりお願いします。
お問い合わせフォームにジャンプします。


お問い合わせフォーム

 

FXの基礎を学びたい方はコチラ!
    

メルマガでだけお知らせする情報あります!!
    

 

ゴールデンスパイダーFXの勝率をもっと上げる+α手法とは?!

 

ローラのCMでおなじみ!!DMM FX
DMM FXは初心者向け

TOP サイトマップ プロフィール 各種メルマガ登録 オリジナル特典 FX初心者解説集 お問い合わせ