×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルスパでFX初心者脱却 ☆ 一児のパパが10万を500万にした極意

FX口座は海外がイイ!!

FX口座は海外がイイ!!

当ブログでもお薦めし、私も口座を持っている海外FX会社の

 

Pepper stone:ペッパーストーン

 

がなんと、国内銀行入金で使用できる銀行が増えました。

 

Pepper stoneは海外FX会社では珍しく、国内の銀行への振り込みでブローカーへの
送金が出来るという方法がありました。(以前は三井住友銀行経由のみ)

 

私たち日本在住者には海外送金という高いハードルがありましたが、ペッパーストーンの
この国内銀行入金が出来てから、普段の振り込み方法と同じ方法で入金できるようになりました。

 

この便利な国内銀行入金。

 

先日、【三菱東京UFJ銀行】宛の送金が追加されたんです。

 

試しに入金してみたのですが、なんと・・・!!

 

45分で口座に反映されました(驚)
※今までの三井住友銀行経由は2〜3日かかっていました。

 

このくらいの時間だったら、国内FX業者のリアルタイム送金とあんまり変わらないですよね☆

 

今回追加された三菱東京UFJ銀行へ振り込み可能になって向上した利便性は以下の通りです。

 

送金手続きから、トレード口座への反映まで、約30分〜1時間 (*1)
リファレンス番号の記載不要
国内のATM・インターネットバンキングから直接送金が可能
指定のトレード口座に直接入金が可能 (依頼人欄にMT口座番号記載が必要)
振込人欄にMT4番号と名前を記入するだけ

(*1) 月〜金曜日 9:00AM〜5:00PM (豪州の祝祭日を除いた営業時間内)

 

 

しかし最近では海外FX口座の新規開設が難しくなってきている現状があります。
これは政府が海外に顧客が流れないように圧力をかけているためです。

 

今後新規開設厳しくなる一方だと思いますので、
開設できる今のうちに一つは持っていたほうがよろしいかと思います^^
何故海外口座が良いのかは以下の記事をお読みください。

FX口座は海外がイイ!!

 

新規に海外口座を開設されるなら、キャッシュバック、日本語対応のファイナルキャッシュバック
利用をおススメします☆

ファイナルキャッシュバック(Final Cashback)登録は必須

 

 

続きを読む≫ 2013/07/31 18:18:31

FinalCashBackとは、ファイナルキャッシュバックのサイトから登録(無料)し、提携しているFX会社 の口座を新規開設又は口座移管を行うことで、トレードする度にロット数や取引回数に応じて、スプレッドの一部を現金還元してくれる日本企業が運営しているサービスです。

 

登録も無料で維持費も全くかかりません。キャッシュバックも日本の銀行の口座を受取口座に指定すれば、5000円以上の貯まった時点で手数料500円だけで入金されますので安心です!!

 

管理人お薦めの口座は「Pepper stone(ペッパーストーン)」か「FXDD」です。

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)の詳細はコチラ

続きを読む≫ 2013/07/21 07:21:21

レバレッジとは、日本語に直すと「てこ」という意味です。つまり少ない金額で大きな金額に投資できると言うことです。レバレッジとは何か?まずそれを説明します。

 

1円円安になった場合(10万円の自己資金)

レバレッジ 購入できるドル資金 101円の時 利益
1倍(外貨預金と同等) 1,000ドル 101,000 1,000円
25倍 25,000ドル 125,000 25,000円

※ただし、この逆もありますのでご注意ください。

 

レバレッジは少ない資金で、大きな金額を取引することができます。

 

上記の例はレバレッジの説明のために簡単に説明した物ですが、FX取引をしていく上では証拠金維持率というものが重要になります。この証拠金維持率によりマージンコールロスカットが施行されます。

 

マージンコールとは・・FX会社に預け入れた証拠金の金額が、大きくマイナスになる状況になった場合、規定の証拠金維持率を割り込むと口座へ追加入金を求める警告です。この警告を無視していると強制ロスカット(強制決済)が行われます。警告はメールや電話でくることが多いようです。日本国内のFX会社は大体100%前後、海外のFX会社は70%前後が多いようです。

 

ロスカットとは・・FX会社に預け入れた証拠金の金額が、大きくマイナスになる状況になった場合、規定の証拠金維持率を割り込むとコンピューターによって自動的に強制決済される制度です。ロスカットが行われる前にはマージンコールがあることが多いので注意しておきましょう。日本国内のFX会社は大体50%〜100%前後、海外のFX会社は30%前後が多いようです。

 

マージンコールレベルやロスカットレベルはFX会社によって違うので、確認してから取引を行いましょう。

 

続きを読む≫ 2013/06/14 11:04:14

海外の業者はサーバーが海外にあるため、取引スピードが速く約定力も高くなります。
雇用統計などの一大イベントの際は、日本国内の業者だと約定拒否が多々あります。

 

Pepper stoneの例で言いますと、

 

インターバンク市場と直結したSTP/ECN方式により、インターバンク市場にダイレクトに注文が可能な為、約定拒否が起こりません。
スムーズなトレードも日本のトレーダーから高く評価されています。

 

最近ではサーバーがウォールストリート近くに移動したため、もっとスピードが高くなっています。

 

ECN(Electronic Communications Network Broker)とは、
お客様の注文をインターバンク市場に注文する際に、通常、FX業者のディーリングデスクを介し注文を行いますが、ECN方式とはこのディーリングデスクを介さない注文方式のことを言います。
これにより、本来スプレッドとしてブローカーが得る手数料が無くなり、スプレッドは低く抑えられ、公平な価格が担保されることになります。

 

FinalCashBackを通して口座開設すれば日本語海外口座開設が簡単にできます。

 

管理人お薦めの口座は「Pepper stone(ペッパーストーン)」か「FXDD」です。

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)の詳細はコチラ

 

 

スプレッドが狭い >>前

 

続きを読む≫ 2013/04/25 06:40:25

スプレッドとはFX取引のおけるFX会社の外貨交換手数料のことです。
FX会社はこの手数料で利益を確保しているわけです。

 

FX取引では売値(ask)と買値(bid)の2つの価格が提示され、この売値(ask)と買値(bid)の差額がスプレッドと呼ばれています。

 

スプレッドが違うとこんなに違う!!
<例>
【一般的な国内業者レバレッジ10倍】
1万通貨(0.1Lot)取引
スプレッド=1銭
1銭×10,000×10倍=1000円

 

【一般的な海外業者レバレッジ10倍】
1万通貨(0.1Lot)取引
スプレッド=0.1銭
0.1銭×10,000×10倍=100円

 

なんと10倍もの差が!!

 

このように1回の取引で数百円、数千円とコストがかかれば、利益がスプレッドに喰われて少なくなってしまいます。特にスキャルピングには致命的です。

 

スプレッドというのは税法上経費とは認められませんので、年間で利益を出してもスプレッドは控除はされませんので注意して下さい。FXで利益を最大限狙うなら、【手数料無料+低スプレッド】のFX業者を選んで下さい。

 

また、「FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)」という会社を通して海外口座を開設すると、トレードする度に毎回スプレッドの一部を還元(キャッシュバック)してくれる日本の会社が運営するサービスです。

 

FinalCashBackを通して口座開設すれば日本語海外口座開設が簡単にできます。

 

管理人お薦めの口座は「Pepper stone(ペッパーストーン)」か「FXDD」です。

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)の詳細はコチラ

 

 

FXDDの場合(将来キャッシュバック率は変わる場合があります。)

 

FinalCashBackでは1トレードあたり0.75Pipsのキャッシュバックなので

 

毎日1万通貨(0.1lot)だと
(0.1ロット/0.1)×0.75Pips×20日=15ドル(1,425円相当) ※1ドル95円と仮定して

 

 

毎日5万通貨(0.5lot)だと
(0.5ロット/0.1)×0.75Pips×20日=75ドル(7,125円相当) ※1ドル95円と仮定して

 

毎日10万通貨(1lot)だと
(1.0ロット/0.1)×0.75Pips×20日=150ドル(14,250円相当) ※1ドル95円と仮定して

 

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)の詳細はコチラ

 

 

 

ハイレバレッジについて >>前

約定力の高さ >>次

続きを読む≫ 2013/04/24 13:46:24

みなさんはFX会社は国内のみだと思っていませんか??

 

実は海外には多数のFX会社があるんです。

 

海外口座には日本国内口座にないメリットが沢山あります。

 

レバレッジの高さ

 

スプレッドの狭さ

 

約定力の高さ

 

大きく分けるとこの3点が海外口座で取引するメリットだと思います。

 

では次のページから海外口座のメリットを解説していきます。

 

ハイレバレッジは危険?! >>次

続きを読む≫ 2013/04/21 11:04:21

 

海外FXランキング

 

FX無料メール相談
FXに関する質問やお悩み、ご意見などありましたら以下フォームページよりお願いします。
お問い合わせフォームにジャンプします。


お問い合わせフォーム

 

FXの基礎を学びたい方はコチラ!
    

メルマガでだけお知らせする情報あります!!
    

 

ゴールデンスパイダーFXの勝率をもっと上げる+α手法とは?!

 

ローラのCMでおなじみ!!DMM FX
DMM FXは初心者向け

TOP サイトマップ プロフィール 各種メルマガ登録 オリジナル特典 FX初心者解説集 お問い合わせ